小出 陽平
(独立行政法人国際農林水産業研究センター生物資源領域 特別派遣研究員(国際稲研究所)

2012年11月14日水曜日

石垣島での作業

現在研究を行っている国際農林水産業研究センターは石垣島に熱帯島嶼研究拠点という研究施設をもっています。少し前のことになりますが、この石垣島の研究拠点に行ってきました。
石垣島では温暖な環境を生かしてイネを年に2回栽培することができます。私も研究をスピードアップさせるために一部の材料を石垣島で栽培しています。今回はその材料の収穫が目的です。


しかし、あいにく台風が近づいていたためものすごい強風の中の作業となってしまいました。イネの穂がすごい状態になっているのがわかるかと思います。


こちらは9月の台風でダメージを受けてしまったイネです。写真の手前が風上、奥が風下になっています。風上のイネが特に被害を受けています。台風により海水が風と共に吹き付けたため、このようになってしまったそうです。塩風害というらしいです。


何とか収穫作業は終わらせることができました。これは収穫後のイネです。






0 件のコメント:

コメントを投稿